« 「私生活」と「バッタモン」 | トップページ | 東京サンシャインボーイズ「returns」(090323) »

2009/03/23

錦織健プロデュースオペラ「愛の妙薬」at 東京文化会館

三連休の最終日は、上野の東京文化会館にドニゼッティのオペラ「愛の妙薬」を観て(聴いて)きました。
有名なテノール歌手錦織健さんが、2年に1度手がけるプロデュース公演。
主演は森麻季さん(アディーナ役)と錦織さん(ネモリーノ役)の日本オペラ界のスター2人で、これだけでもなかなか魅力的な公演です。さらに今回は、私たちのGオケで昨年やったオペラ「ラ・ボエーム」で、ムゼッタ(準ヒロイン)を演じて下さったソプラノ歌手の田上知穂さんが、アンサンブルではなくピンの役で出演されるということで、ご案内を頂きました。これは行かねばなりません。
(うちのGオケからは、ビオラのM大先輩、バイオリンのI先輩も別のハコでの公演を聴きに行かれました)

物語は、とある田舎の村で、お人好しだが、ちょっとおバカでもてない男(錦織さん)が、村一番の器量よし(森さん)に振り向いて貰いたい一心で、インチキ薬売りから、飲めばたちまちモテモテになる「愛の妙薬」を購入。もちろん、それは真っ赤なニセモノ(ただの赤ワイン)。さぁこの恋路どうなる?・・・というたわいのない喜劇(もちろん最後はめでたしめでたし)。
最近のオペラ公演は、ザルツブルグ音楽祭の影響か、モダンに演出するのが流行っていて、その先鋭性に感心しつつも、どうも楽しめないことが多いのですが、今回はプロデュースの錦織さんの意向で、演出はごくごくオーソドックス。
それだけに各人の歌を存分に楽しむことが出来ました。

森麻季さんはホントに美声。「愛の妙薬」で森さんが歌うアリア(独唱)は意外に(と言っても、実は「愛の妙薬」をちゃんと聴いたのは、この日が初めて)技巧的な物が多いのですが、完璧に歌いこなしていました。途中では、彼女が一気に有名になった「ホフマン物語」のオランピア(カラクリ人形)の仕草までしてみせるなど、ツボを押さえてます。
以前、森さんが宗教曲の独奏をしていたのを聴いた時は、「声は綺麗だけど、声量がちょっと・・・」という印象を受けたのですが、今回は広い東京文化の隅々まで声を響かせていました。スターのオーラ出まくりです。
錦織さんは堂々たるもの。気の良い道化者をユーモラスに演じつつも、有名なアリア「人知れぬ涙」では、聴く者をグッとさせる素晴らしい艶のある歌声を披露していました。今回の「愛の妙薬」は全編お気楽話なんですが、「人知れぬ涙」のシークエンスだけはシリアス。アホなネモリーノだけど、本当にアディーナを愛しているということがビンビン伝わってきました。錦織さんは以前新国立劇場で観た「こうもり」では、アルフレードという男前だけど、頭は空っぽという道化役(いわゆるテノール馬鹿ってやつ)を喜々として演じていたのですが、ユーモアのセンスが素晴らしい方ですね。
そして田上さんは、森さん演じるアディーナの友人である村娘ジャンネッタ役。
残念ながら、アリアはなかったのですが、2幕で、ネモリーノ(錦織さん)に莫大な遺産が入るらしいと聞きつけて、「ネモリーノは今日からセレブよ(ハート)。でもそれは絶対内緒。」と村娘たちが噂するシークエンスなどで澄んでいてそれでいてパワーのある歌声を披露していました。オープニングからたびたび登場する村人のアンサンブルも、田上さんが中心。カーテンコールでも、森さん、錦織さんら主要キャストと共に何度も登場して喝采を浴びていました。

大満足で帰宅しながら、いつかは田上さんの歌で、アディーナも聴いてみたいなぁと思ったりもしました。
アディーナが「私には愛の妙薬なんて必要ない。そんなものなくたって、私がニッコリ微笑めば、男なんてイチコロよ♪」と歌うデュエット(相手はインチキ薬売り)や、ネモリーノへの思いを隠しきれないアリア「受け取って」なんて凄くチャーミングに歌ってくれそうです。

オペラは、いざ聴くととても面白いのですが、なんとなく敷居が(切符代も・・・)高い。今回のように、気楽に本格的なオペラが楽しめる企画を、もっともっとやって欲しいと思いました。

そうそう、私のすぐ近くの席に長髪のイカした男性が座ったと思ったら、秋川雅史(「千の風」のまんまのファッション)、少し前の席に、すごく背が高くてゴージャスなマダムがいると思ったら佐藤しのぶでした~。

|

« 「私生活」と「バッタモン」 | トップページ | 東京サンシャインボーイズ「returns」(090323) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45977/44444521

この記事へのトラックバック一覧です: 錦織健プロデュースオペラ「愛の妙薬」at 東京文化会館:

» ドニゼッティ「愛の妙薬」 [オペラの夜]
<錦織健プロデュース・オペラVol.4> 2009年3月8日(日)17:00/兵庫県立芸術文化センター 指揮/現田茂夫 ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団 ラガッツィ 演出/十川稔 美術/升平香織 照明/矢口雅敏 衣装/小野寺佐恵 アディーナ/森麻季 ネモリーノ/錦織健 ドゥルカマーラ/池田直樹 軍曹ベルコーレ/大島幾雄 村娘ジャンネッタ/田上知穂  “お茶の間テノール歌手”、錦織健が芸術総監督兼プロデューサー兼プリマ・ウォーモを務める、「愛の妙薬」全国巡演の、今日は西宮公演である。上演に... [続きを読む]

受信: 2009/03/24 12:44

« 「私生活」と「バッタモン」 | トップページ | 東京サンシャインボーイズ「returns」(090323) »