« 某女優さん引退 | トップページ | 平成中村座・十二月大歌舞伎 »

2010/05/04

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2010に行ってきた

毎年ゴールデンウィークに、東京国際フォーラムとその周辺で開催される音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2010に行ってきました(5/2)。
「誰でもクラシック音楽に親しめる音楽祭」をテーマに、チケット代を抑えた(MAX3,000円)コンサートを期間中(5/2~5/4)に毎日何十と開催し、無料のコンサートやイベント(アマチュアの演奏も多数あり)も行われるこの音楽祭。
毎回テーマが決まっていて今年は「ショパン(と同時代の作曲家)」。

今まで、仕事がらみや他の予定で行けたことがなかったのですが、今回初めて行くことができました。

会場は、食べ物の屋台がたくさん出ていて、音楽祭というより、大きなバザー、フリマといった感じ。

安い値段ということもあって、有名アーティストの公演は販売と同時にソールドアウト。
なんとか、2つだけ有料公演の切符を買えました。
ほとんどのチケットが売り切れで、アーティストや演目でなく、空いているコンサートという感じでゲット。
2つと言っても、1つのコンサートが45分と決まっているので、多くの人が「はしご」をするのです。

私が聴いたのは、アブデル・ラーマン・エル=パシャというレバノンのピアニストがソリストを務めるのショパンのオケとピアノのための音楽のコンサートと、ルイス・フェルナンド・ペレスというスペインのピアニストがソリスト務めるメンデルスゾーンのピアノコンチェルト2番のコンサート。
あと、アマオケの丸の内交響楽団の無料演奏を聴いてきました。

エル=パシャの演奏は良くも悪くも教科書通りのショパンでしたが、フェルナンド・ペレスのメンデルスゾーンは、かなりのテクニックに感心させられっぱなしでした。全く期待していなかったのですが、うれしい誤算(帰宅後ネットで調べたら、このペレスさん、日本ではまだ無名だが、とても期待されている俊英らしい。棚ぼたでした)。

丸の内交響楽団の演奏も、珍しいオケ版の軍隊ポロネーズや、有名だけどあまり生で聴かないリストのハンガリー狂詩曲など、親しみやすく、しかも新鮮な演目でした。フリースペースでの演奏でやりにくかった(みんなアイスクリームを食べたり、コーヒーを飲みながら見てる)でしょうが、頑張っていました。お疲れ様です。

それにしても、凄い人。くたびれました。
年を取ってきたのか、毎年人混みがどんどん苦手になってきてる。

そうそう、同じ東京国際フォーラムで開催していた「アガサ・クリスティ展」が凄く面白かったです(コンサートとコンサートの間に入場)。
珍しい彼女の原稿や、彼女自身が愛用したタイプライターが展示され、彼女の肉声や映像も公開されていました。
ミステリー好きには必見です。

|

« 某女優さん引退 | トップページ | 平成中村座・十二月大歌舞伎 »

コメント

http://qawsed.info/art/j89wjz4
俺の暴れん棒貸してやったら8万くれた!!

投稿: 六兵衛 | 2010/06/24 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45977/48261667

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2010に行ってきた:

« 某女優さん引退 | トップページ | 平成中村座・十二月大歌舞伎 »