« ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2010に行ってきた | トップページ | ライブシネマ「東京事変 Live Tour 2012 Domestique Bon Voyage」 »

2011/12/26

平成中村座・十二月大歌舞伎

本当に久しぶりのブログ更新。

クリスマス三連休の最終日は、平成中村座で。
昼の部を観に出かけた。

演目は「菅原伝授手習鑑」の「車引」「賀の祝」「寺子屋」。平安時代の菅原道真が太宰府に流されたという歴史的事実を題材に、その事件に翻弄される人々、とくに松王丸、梅王丸、櫻丸の三つ子の兄弟を軸に描いた物語。
歌舞伎の数多ある演目の中でも特に有名なものの1つ。

長男松王丸(「車引」では板東弥十郎、「賀の祝」では片岡亀蔵、「寺子屋」では中村勘三郎と交代で演じる趣向が面白い)は道真をモデルにした右大臣・菅丞相(かんしょうじょう)の政敵である左大臣・藤原時平(歌舞伎の中では「ふじわらのしへい」)に仕え、次男梅王丸(中村勘太郎)は菅丞相に、三男桜丸(尾上菊之助)は天皇の弟に仕えている。
ある時、天皇の弟が菅丞相の娘に恋をし、その間を桜丸が取り持つのだが、その事実を知った菅丞相の政敵時平は「菅丞相が自分の娘を天皇家に送り込んで、権力を独占しようとしている」と讒言し、菅丞相はあわれ、太宰府に流されてしまう。
本来は仲の良かった三兄弟だが、菅丞相の家臣梅王丸と時平の家臣松王丸は憎しみ合うこととなる。そして、自分のせいで菅丞相が流罪になったと思い悩む桜丸は死に場所を探す…
「エライ人同士の政争で、周りの人間が翻弄される」という現代にも通じるテーマの作品。
その中の「寺子屋」は、特に人気のある演目である。
(「寺子屋」の前の「賀の祝」で、桜丸は責任を感じて既に自害しており、梅王丸は菅丞相を支えるべく、太宰府に旅立っている)

とある田舎の寺子屋。そこの塾頭、武部源蔵(尾上菊之助)は、かつては菅丞相の弟子だったが、故あって破門となり、今は女房の戸浪(中村七之助)ともに寺子屋を営み、そこに菅丞相の実子・菅秀才を自らの子と偽って匿っている。そこへ時平側の追及が迫り、「命が惜しければ、菅秀才を殺してその首を差し出せ。別の物の首を差し出さぬように、菅丞相とも菅秀才とも顔見知りの松王丸を首実検(斬首した首の身元を確認すること)役に差し向ける」との要求が源蔵に突きつけられる。

源蔵は、「教え子の誰かを殺して、菅秀才の身代わりにするしかない…しかし、みんな田舎者の子供ばかりで、菅秀才には似てもにつかない。どうしたものか」と悩んでいる。とそこに、女房戸浪が気品ある見知らぬ少年を連れているではないか!「この子は誰だ」と戸浪に尋ねると、「小太郎という子で、今日から寺子屋で勉強させたいと母親が連れてきた。母親は用足しをしてくると隣村に行っている」との答え。これはおあつらえ向きである。
源蔵夫妻は、さして躊躇することなく、小太郎を身代わりにすることを決意。丁度、時平方の追っ手が来たので、小太郎を殺してしまう。

時平側には首実検役として、案の定、松王丸がいた。首実検を始める松王丸。源蔵はもし、松王丸が身代わりに気がついたら、松王丸と差し違える覚悟で、松王丸の反応を窺っている。松王丸は、小太郎の首をじっと見つめた後、一呼吸置いて「菅秀才の首に相違ない。源蔵、よくやった」と言う。時平側はその答えに満足して、小太郎の首をもって帰っていく。松王丸も去っていく。

源蔵夫婦は緊張が解けて、腰が抜けたようになりながらも「よかったよかった。松王丸が見間違えたのは天の配剤だ」と喜び合う。と、そこへ小太郎の母・千代が戻ってくる。千代が生きていたら、身代わりが露見しかねない、と彼女を殺そうとする源蔵、しかし千代は必死に抵抗。「小太郎は無事、菅秀才の身代わりとして、役に立ったのか」と問う。驚く源蔵。そこに松王丸が戻ってきて、全てを語る。

「自分は時平に仕えてはいたが、自分を時平に推薦してくれた菅丞相に強い恩義を感じていた。時平の陰謀により、菅丞相が流罪になったときは怒りを覚えたが、時平との主従関係のためどうしようもなかった。今回、源蔵が菅秀才を匿っていることが露見し、自分が首実検役を命じられたとき、源蔵はきっと身代わりを立てるだろうと思った。そこで、自分は千代と相談し、菅秀才と面差しの似ている小太郎を身代わり役として、寺子屋に送り込んだのだ」と。

言葉もない源蔵に松王丸はさらに問う。「小太郎は、貴方に殺されるとき、見苦しく抵抗はしなかったか」と。源蔵は「菅秀才の身を守るため、身代わりに死んでくれと言うと、抵抗もせず、微笑んで自分に討たれた」と答える。松王丸は「そうか。笑ったか。でかした。でかした。小太郎は菅秀才様のお役に立てて死ねて本望だろう。それに引き替え、菅丞相様にご迷惑をかけて、それを晴らすこともなく自害した桜丸が不憫でならぬ」と涙ながらに語る。

松王丸夫婦、源蔵夫婦、匿われていた菅秀才、そして秀才の母御園の前が小太郎の骸に手を合わせて、「寺子屋」幕。

「寺子屋」は「菅原伝授手習鑑」の中でも、特に人気のある演目である。忠義のために、自らの子を犠牲にする松王丸の姿が日本人の琴線に触れるのだと思う。会場でも泣いている人が少なからずいた。
私もこの演目を観るたび、日本人のDNAが呼び覚まされてグッときてしまう。今回もちょっと泣きそうだった。しかし、冷静に考えると忠義のためとはいえ(自分自身が死ぬならいざ知らず)自分の子を死なせる松王丸には「そこまでやらなくてはいけないのか…」と思う部分もあるし、また菅秀才を守るためとはいえ、縁もゆかりもない他人の子を殺し、さらには母親まで口封じに殺そうとする源蔵の所行(しかも、源蔵夫妻は身代わりを殺したこと自体は「可哀想だが、仕方がない」と思っている)は肯定されて良いのだろうかと思う、現代人の自分がいる。

忠義者だが、直情径行型の梅王丸を中村勘太郎が生き生きと演じていた。来年、中村勘九郎を襲名するので、やる気がみなぎっている感じ。菊之助は桜丸と源蔵の二役、桜丸のような優しい男はいかにもピッタリだが、源蔵のような役はどうかと思ったが、忠義に悩む若侍を好演。勘三郎の松王丸は流石の貫禄、病気は大分回復したものの、まだ本調子ではないのか、声に力がないのは気になったが、泣き笑いしながらわが子を褒める演技はやはり圧巻だった。

|

« ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2010に行ってきた | トップページ | ライブシネマ「東京事変 Live Tour 2012 Domestique Bon Voyage」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45977/53576933

この記事へのトラックバック一覧です: 平成中村座・十二月大歌舞伎:

« ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2010に行ってきた | トップページ | ライブシネマ「東京事変 Live Tour 2012 Domestique Bon Voyage」 »