« ライブシネマ「東京事変 Live Tour 2012 Domestique Bon Voyage」 | トップページ | 三谷版 桜の園 »

2012/03/11

東京フィルハーモニー交響楽団 サントリー定期(3/9)

昨日(3/9)、サントリーホールで開催された東京フィルハーモ​ニー交響楽団の定期演奏会は音楽的悦びと興奮にあふれた物でした​。15年前に亡くなった黛敏郎さんの「トーンプレロマス55」「​饗宴」「BUGAKU」「涅槃交響曲」を演奏する、黛スペシャル​ともいうべき演奏会。
半年前に、休日オケで「交響詩 立山」「天地創造のテーマ」「日本テレビスポーツ行進曲」と黛さんの曲を演奏していたこともあって、この演奏会は本当に楽しみだった。
「BUGAKU」は20年近く前、GOBオケで故・岩城宏之先生の指導で演奏した曲。演奏を聴きながら、当時のことを色々と思い出した。当時はただただ難しく(特に第一部)、苦労した記憶しかなかったが、今にして思えば、黛敏郎の盟友でもあり、コンテンポラリーミュージックのオーソリティである岩城先生の指揮で、黛作品を演奏できるという得がたい機会(武満徹等もご指導頂いた)をもっと大切にすれば良かった…後の祭りだが。
「涅槃交響曲」はステージ上のフルオケの他に、サントリーのRCブロックに木管楽器にLCブロックに金管楽器を配し、ホールの四方から音が降り注ぐ。東京混声合唱団(の男声パート)お経や声明を唱え、音楽はどんどん盛り上がっていく。
広上淳一さん指揮、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏も素晴らしく、本当に楽しい演奏会でした。

|

« ライブシネマ「東京事変 Live Tour 2012 Domestique Bon Voyage」 | トップページ | 三谷版 桜の園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45977/54191580

この記事へのトラックバック一覧です: 東京フィルハーモニー交響楽団 サントリー定期(3/9):

« ライブシネマ「東京事変 Live Tour 2012 Domestique Bon Voyage」 | トップページ | 三谷版 桜の園 »