« 2012年3月 | トップページ

2012年7月

2012/07/27

三谷版 桜の園

アントン・チェーホフ自身が「喜劇だ」と言っているのに、悲劇と​して演じられてきた「桜の園」を三谷幸喜が「爆笑喜劇にしてみせ​る」と宣言して、演出。

「桜の園」は、杉村春子=文学座公演をビデオで観たのを始め、蜷​川幸雄版、栗山民也版など結構観ているが、喜劇という感じはしな​かった。没落貴族の哀しみって感じ。

今回は、「笑えたけど、三谷さん、ずいぶん原作をいじったな」と​思ったのだが、改めて原作を読み返してみると、驚くほどいじって​いなかった。ということは、やはりチェーホフのテキストは「喜劇​」だったということなのでしょう。
とはいえ、天才三谷幸喜といえども、流石に「爆笑喜劇」にまでは​ならず、なんら手立てを取らず、没落していく貴族階級と、それを​とりまく庶民や使用人の様子をアイロニカルに描いた悲喜劇といっ​た感じ。
没落貴族側には銀幕のスターや新劇の実力者らを配し(浅丘ルリ子​、藤木孝、神野美鈴など)、庶民や使用人たちには小劇場系俳優や​芸人(市川しんぺー、藤井隆、青木さやかなど)を起用して、その​印象からくるギャップも利用するキャスティングは面白かったし、​効果を上げていたと思います。
浅丘さん、藤木さんはとても楽しそうに演じていました。
また、主人公ラフネースカヤの娘で、未来志向のアーニャを演じた​大和田美帆がとても良かったです。
チェーホフ自身はアーニャに対して、「「庶民の暮らしでも大丈夫​」といってるけど、大丈夫かね?」と少し斜に構えた見方をしてい​るような気がしますが、三谷さんは純粋にアーニャを「希望」とし​て演出していたと思います。ある意味、浅い解釈と言えるかもしれ​ませんが、混沌とした今の日本を生きる自分には、その解釈が嬉し​く感じられました。

ところで、とっつきにくいロシア作品に馴染んでもらおうという意​図で、上演前に青木さやかによる前説があったのですが、その中で​青木さんは「歌います!」と以下のようなAKBの代表曲「ヘビー​・ローテーション」の替え歌を歌いました。

♪アントン・チェーホフ
アントン・チェーホフ
I love you.
桜の園~
ガンガン 倒れる桜の木
チェリー・オーチャード~
(ホントはこの先も続くんですが、覚えられなかった)

余りに印象が強くて、観てから数週間経つのに、頭の中に突如とし​て「ガンガン倒れる桜の木、チェリー・オーチャード~」とエンド​レスで聞こえてくるのです。三谷幸喜、恐ろしい子。

2012年6月28日(木) 東京渋谷パルコ劇場にて観賞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ